事務所紹介

 八王子に根差し、皆様の身近で起こる問題に真摯に向き合う法律事務所でありたいと考えています。どのようなことでも、まずはお気軽にご相談ください。丁寧にお話をお伺いし、法的な問題点や解決策について詳しくご説明させて頂きます。
 
 当事務所には、男女それぞれ1名の弁護士が在籍しており、各自の経験と専門性を生かしながら解決に当たります。 

「あさや」の由来

 当事務所の名称「あさや」は、弁護士山本の実家が八王子で三代にわたり経営していた「麻屋山本畳店」の屋号に由来します。
 麻の繊維は非常に強く、耐久性にも優れ、日本では古来から様々な用途に利用されてきました。畳を織るための経糸もその用途のひとつであり、麻で織られた畳は最高級品として扱われています。
 弁護士片岡の地元である徳島県でも、古くは麻の栽培が盛んに行われており、県内でいちばん大きな神社は「大麻比古神社」(鳴門市)であるほか、「麻」の字がつく地名も多くあります。
 こうした「麻」との縁と、その清涼なイメージから、八王子の皆様に愛され、地元に爽やかな風を吹かせることができる事務所に成長して行きたいとの願いを込めて、「あさや法律事務所」と名付けました。

ロゴマークについて

 当事務所のロゴマークは、家紋などに使われる「麻の葉」の図案のうち、「持ち合い麻の葉」と呼ばれるものを使用しています。
 通常、麻紋は六角形の中に星を描いたような形をしていますが、「持ち合い麻の葉」はこれが2つ合わさったもので、ご依頼者の皆様や地域の皆様と互いに支えあってより良い未来を目指して行きたいという当事務所の理念を表しています。